【パン作りにおススメの計量器とは?】道具編

計量器はパンを作るうえでなくてはならない道具です。

ではどのような計量器を使えばいいのでしょうか。

デジタルのもの

材料を計るものとして、ばね式のものや天秤などがありますが、

手に入りやすく、正確にはかれるのはデジタル計量器です。

今ではほとんどのご家庭で、このデジタル計量器を使用していると思います。

 

ちなみに製パン業界で使用されているのは、

「さおはかり」と言われる下記のはかりで、

正確且つ早くはかれるのが特徴です。

株式会社田中田中衡機工業所

 

スピードを必要とする現場ではこのようなはかりを使うのですが、

現場の動画を見てみると、職人さんは本当に驚くほど早く計量しています。

  

 

0.1g単位ではかれる

パンの材料は、レシピ通りにはからないと美味しいパンが焼けません

そのためには0.1gからはかれる計量器が必要です。

200gなど量が多い場合、少量のずれはあまり影響しませんが、

1g 単位ではかる計量器の場合は、2gを計量しようとすると、

1.5~2.4gの量が四捨五入され2gで表示されます。

少量の材料の場合、0.9の差はかなり大きいです

 

 

最大2㎏以上はかれる

1㎏までしかはかれない計量器でも大丈夫ですが、意外とすぐ上限に達してしまいます。

例えばボウルに粉をはかるとき、ガラス製のボウルはすでに800gくらいあります。

そこに粉や水分を計量していくと1㎏は余裕で越えてしまいます。

ですので、2㎏まではかれる計量器があると便利です。

私がおススメする計量器はCottaさんの2㎏デジタルスケールです。

株式会社Cotta

 

さすが、製菓製パン材料店の商品だけあって、使い勝手が抜群です。

上記の条件を満たしており、さらに他にも利点があります。

 

  • シリコンカバーが付いているので汚れたらカバーだけ外して洗えばいい。
  • 計量画面が大きくて見やすい
  • ボタンが「ON/OFF」と「0set」のみで、最低限の機能で使いやすい
  • ボタンがポチっと押す感覚があって使いやすい
  • 「大さじ」・「小さじ」・「1カップ」のグラム変換数の一覧表がついてる

 

株式会社Cotta

 

基本的にパンの材料は全てgで表示するのですが、時々大さじなどで書かれているレシピがあります。

そんな時はこの表を見れば置き換えができますね。

大さじやカップを洗う手間も省けます。

 

Cottaさんの計量器は本当におすすめです。

皆さんも使いやすい道具でよりパン作りを楽しんでくださいね。

 

 

 

パン教室 Beija-flor

毎日忙しいママたちへ

家事や育児の合間を活用して2時間で作れるレシピが習得できます!

自分時間を楽しみながらパンを焼いて家族に幸せを届けるお手伝いをさせていただきます。

ホームページ

Instagram

友だち追加

コメント