クッキー生地をきれいに絞らないスイートブール

こんにちは。

 

Beija-flor ベイジャフロール

オンラインパン教室

講師 鈴木里美です。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: S__22872117.jpg

 

昨夜の雷、結構すごかったです。。。

 

ゴロゴロ・・・ドッカーン!!!!で目が覚めました。

 

実は先日、長野にある祖母の家に雷が落ちたんです😱

 

瓦が割れ、テレビや電話も壊れ、一時は電気が使えず大変だったのですが、全員無事だったのは本当に良かったです。

 

酷暑も続き、荒れた天気となるところが多いみたいですね💦

 

皆さんもお気を付け下さい!

 

 

さて、昨日は2期生さんの振り替えレッスンがあり、これで無事皆さんファーストステップコースを終えることができました😊

 

昨日のレッスンでは『マーブルココアスイートブール』を作ったのですが、生徒さんがみんな緊張するのが最後のクッキー生地を絞るところ!

 

 

2つの生地をそれぞれ渦巻に絞るのですが、私はあえて生徒さんに「きれいに絞ろうと思わないで!」とアドバイスしているんです。

 

何故かというと、クッキー生地は

 

  

すべて流れ落ちるから

 

 

マーブル模様は意図的に作るものではなく、自然と流れ落ちるクッキー生地が勝手に作ってくれるもの。

 

だから生徒さんが「うまくできない!」と仰っても、「うまく絞ろうとしなくて大丈夫!」ってお伝えするんですね😊

そして皆さんのオーブンをあけたときの感動✨

 

「渦巻になってるー!」

「意外ときれいにできたー!」

 

毎回、そんな声を聞くと嬉しくなっちゃいます😆

 

きれいに絞らなくても、ポイントさえ押さえればマーブル模様がしっかりと出ます。

 

出来上がった模様は十人十色。それもこのパンの面白いところ。

 

 

クッキー生地のお話をしましたが、実はスイートブールを作る上で大事なことは、しっかりと膨らむパン生地を作ること

 

この生地は特に、くるみが入るので膨らみにくいんです。

 

生地の配合や「こね」の見極めも大事ですが、一次発酵やベンチタイム前の丸め、成型時の丸めがとても重要なります。

 

丸めの時にくるみが生地から顔を出していたら、取って生地の裏側につけます。

 

また成型時は、張るように生地を丸め、しっかりと閉じ目を閉じないと、横に広がって膨らんでしまいます。

 

 

 

上の写真は、すべてパン生地が膨らんでいますね👏

 

一つ一つの作業をしっかりとやれば、パン生地は膨らんでくれます😊

 

 

そしてこのスイートブール、見た目だけでなく味も生徒さんに大好評!! 

 

「こんな美味しいパンが家で焼けるってほんと幸せですね❤」

「メロンパンを超えて菓子パンNo.1ですね」

「スイートブール美味しくてびっくりしました❤」

「止まらないです!」

 

 

パン屋さんでは売っていないマーブル模様のスイートブール。

 

これが作れたら自慢できちゃいますよ😁

 

ちなみにレッスンではココア生地を抹茶に変えた配合もお伝えしています。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

⇩   ⇩   ⇩   ⇩

 

 

4ヵ月で自信をもって

プレゼントできるパンが作れる

『ファーストステップコース』

 

サポート&交流重視】のコースレッスン

材料は全てご近所のスーパーで手に入ります♪

 

次回の募集は公式LINEにてご案内します。

 

『ファーストステップコース』詳細はこちら

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8137407d683151e54bcabda4030fe95d-1024x1024.jpg

コメント