【夏は要注意!】パンの保存に気を付けて!

先日「究極の牛乳食パン」を作りましたよ!

 

 

何が“究極”かって??

 

牛乳の量がすごいんです!

 

捏ね初めは生地がダラダラです。

 

ですので、ホームベーカリーや捏ね機でしか作れません!

 

今後のレッスンに取り入れる予定なので、

 

ホームベーカリーや捏ね機をお持ちの方は

 

是非一緒に作りましょうね!

 

友人達にこのパンをあげると、お子さんたちがほとんど食べてしまうそうです(笑)

 

 

 

さて、今日はこれからの暑い季節に、パンの保存で注意すべきこと、

 

またどのように保存するのがベストなのかを紹介します。

 

 

常温保存は危険

夏は高温多湿です。

 

クーラーをつけていても25℃を超えることが多々あります。

 

25℃以上は高温となり、湿気もあるため

 

食材が傷みやすくなります

 

特に手作りのパンは保存料や添加物が一切入らないので、

 

市販で売られているパンよりもずっと傷みやすいです。

 

気づいたらカビが。。

 

なんてことも。。

 

次の日の朝食べきれる分は、常温で保存しておいても問題ないですが、

 

朝以降、日中の気温があがる時間に室温で保存しておくのは危険です。

 

 

冷蔵庫の保存は不味くなる

暑いからと言って冷蔵庫へ入れるのはNG

 

一番の理由は水分がとんでしまうから。

 

冷蔵庫の中は冷気が出ており、

 

食材にあたって乾燥してしまうんです。

 

そうすると、特に小麦を使用しているパンは固くなり、

 

風味を損ないます。

 

パッサパサのパン、嫌ですよね💦

 

冷蔵保存は避けるようにしましょう。

 

一番ベストな保存方法とは?

 

ずばり、

 

冷凍保存

 

冷凍保存に向いているパンと向いていないパン

 

冷凍に向いているパン

  • 食パン
  • バゲット
  • ロールパン
  • ベーグル
  • コッペパン
  • イングリッシュマフィン
  • クロワッサン  等

 

冷凍に向いていないパン

  • サンドイッチやオープンサンド
  • 大きい具材を包んだパン
  • クリームパン
  • 生クリームやフルーツを使用したパン
  • 水分の多い具材を使用したパン 

 

冷凍保存の仕方

  1. 食パンやバゲットなどの大きなパンは、スライスして空気が入らないように一つずつラップをする。ロールパンやベーグルなどは一つ一つラップをする。
  2. ジップロックにまとめて入れて、できるだけ空気が入らないように封をする。
  3. 冷凍庫の奥へ保存する。

 

冷凍したパンの食べ方

食パンやバゲット、

 

イングリッシュマフィンのように

 

トーストして食べるパンは、

 

冷凍庫からだしてそのままトーストできます

 

あらかじめトーストを温めておくと、

 

水分が蒸発する時間が短くなるので、

 

よりおいしく焼けます。

 

ベーグルなど中まで火が通りにくい場合は、

 

表面が焦げないように、途中でアルミ箔をかぶせるといいです。

  

 

電子レンジは?と思う方も多いと思います。

電子レンジは水分が蒸発してしまうので、

 

できれば避けた方がいいです。

 

使用するとしても、裏表10秒ずつ様子をみて温めてください。

 

また、トーストしない場合は、常温で30分~1時間程、自然解凍もできます。

 

 

 

すでに場所によっては梅雨入りしており、

 

高温多湿の日が続くかと思います。

 

是非、上記の保存方法でパンをおいしくお召し上がりくださいね。

 

 

パン教室 Beija-flor

 

毎日忙しいママたちへ

家事や育児の合間を活用して2時間で作れるレシピが習得できます!

自分時間を楽しみながらパンを焼いて家族に幸せを届けるお手伝いをさせていただきます。

ホームページ

Instagram

友だち追加

コメント