【インスタントドライイーストの保存方法は? 常温?冷蔵?冷凍?】 パン作りの基本の材料 イースト編 その2

こんにちは。

 

Beija-flor ベイジャフロール

オンラインパン教室

講師 鈴木里美です。

 

 

 

さて今日は、

 

インスタントドライイーストの保存方法

 

についてご紹介しますね。

 

 

 

まず結論からお話しすると、

インスタントドライイーストの一番最適な保存場所はチルド室です。

 

 

 

ではなぜチルド室がいいのでしょうか?

 

  

インスタントドライイーストは、30℃前後が一番活動が活発になります。

 

一度空気に触れると活動を開始してしまうため、開封したものを常温で置いておくと、勝手に活動し始めてしまいます

 

 

そしていざ使おうとしたら、もう活力がなくなっている状態になっています。。

 

逆に空気に触れないと活動せず、5度以下だと活動が停止し、60℃以上で死滅します。

 

ですので、

チルド室(0〜3℃)の環境が最適なんですね。

 

 

保存する場合は、容器に移し替えるひつようはありあせん。

袋のまま封をしっかりと閉じ、ジップロックに入れてチルド室で保管することをおススメします。

 

 

 

冷凍庫へ入れても保管することができますが、何か月も冷凍庫へ入れると細胞が死んでしまうのでできる限り早めに使い切ってくださいね。

 

 

あまり頻繁にパンを焼かない方は、3gずつ小分けになっているものを使用することをお勧めします♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

⇩   ⇩   ⇩   ⇩

 

4ヵ月で自信をもって

プレゼントできるパンが作れる

『ファーストステップコース』

 

1期生 水曜日コース 満員御礼!!

2期生 木曜日コース 満員御礼!!

次回5月25日(水)募集開始 

3期生火曜日コース6月スタート

次々回6月17日(金)募集開始

4期生水曜日コース7月スタート

 

サポート&交流重視】のコースレッスン

材料は全てご近所のスーパーで手に入ります♪

 

『ファーストステップコース』詳細はこちら

 

 

 

当教室の動画レシピが気になる方! 

生徒さんやパン講師の方からも大好評!

パーティーを盛り上げる

2大動画レシピ!!

無料でお受け取りいただけます♪

⇩   ⇩   ⇩   ⇩

 

コメント