【初心者さんにおススメのイーストとは?】パン作りの基本の材料 イースト編 その3

前回イーストには大きく分けて、生イースト・ドライイースト・インスタントドライイーストの3種類があることをお伝えしました。こちら

では初心者の方が使用するのにおススメのイーストはどれでしょうか。

それはインスタントドライイーストです。

近所のスーパーで手に入る

インスタントドライイーストはほとんどのスーパーで取り扱っています。

アーモンドパウダーや粉糖など、製菓材料が売っているところに置いてあります。

あまり頻繁に使用しないのであれば3gずつ小分けになっているものを購入することをお勧めします。

値段が安い

私の近くのスーパーでは3gx6袋入りのものが100円台で売っています。

また多く使用されている赤サフと言われるものでも125gで600円以下です。

手軽に使用できる

生イーストやドライイーストは事前に予備発酵させる必要があります。

それに比べてインスタントドライイーストは、袋から出したらそのまま生地に混ぜ込んで使用することができます。またインスタントドライイーストを使用するレシピは2~3時間で作れるものが多くあります。

発酵力が安定している

インスタントドライイーストはパンに適した発酵力の強い菌を集めて、工場で純粋培養させたものになりますので、ご家庭でもふっくらと膨らむパンが作りやすいです。

長期保存が可能

生イーストを乾燥させて顆粒状にしているので、水分がなく長期で保存が可能です。

基本的に開封後は酸素に触れないよう密閉の容器に入れ、冷蔵または冷凍で保存します。

ネットや本に載っているレシピの材料に「イースト」と書かれていますが、これはインスタントドライイーストを指します。まだパンを作ったことのない方や作り始めの方は、上記の理由でインスタントドライイーストを使用することをおススメいたします。


パン教室 Beija-flor

毎日忙しいママたちへ

家事や育児の合間を活用して2時間で作れるレシピが習得できます!

自分時間を楽しみながらパンを焼いて家族に幸せを届けるお手伝いをさせていただきます。

 

ホームページ

Instagram

友だち追加

コメント